「黔驢の技」の意味と語源

スポンサーリンク

黔驢の技(けんろのわざ)

「黔驢の技」の意味

稚拙な腕前を示して恥をかくこと。
見かけ倒し。

「黔驢の技」の語源・由来

「黔驢の技」の語源は、「柳宗元」三戒にある、次のような故事が由来になっています。

黔州(けんしゅう)には、もともと驢馬(ろば)はいませんでした。
 
ある時、一人の男が驢馬を船に乗せて連れてきました。
 
しかし、役に立たないので、山の麓に放してしまいました。
 
この驢馬を見た虎は、その体の大きいことに驚いて、林の間に隠れてその様子をうかがっていました。
 
ある日、驢馬が大きな声で鳴いたのに驚いた虎は、遠くまで逃げていきました。
 
喰われてしまうかもしれないと恐れたのです。
 
しかし、近くによって見ると、これといった才能もなさそうだということがわかってきて、大きな鳴き声にも慣れてきました。
 
そこで、驢馬に近づいて周りをうろうろと回ってみました。
 
さらに近づいて、わざと驢馬の体にぶつかってみました。
 
驢馬は、怒って足で虎を蹴りあげました。
 
これを見た虎は喜んで「お前の技はこの程度か」と言って、驢馬に跳びかかってのど元を喰ちぎり、肉を喰い尽くして去っていったのでした。
タイトルとURLをコピーしました