「疑心暗鬼」の意味と語源

スポンサーリンク

疑心暗鬼(ぎしんあんき)

「疑心暗鬼」の意味

疑って物事を見ると、なんでもないことでも怪しく見えるということ。

「疑心暗鬼」の語源・由来

「疑心暗鬼」の語源は、「列士」説符にある、次のような故事が由来になっています。

ある人が、持っていた斧を失くしてしまいました。
 
誰かに盗られたのではないかと考えていると、どうも隣の家の息子が怪しいと思いはじめました。
 
出会ったときも何となく様子がおかしいし、話をしていてもどこかおどおどしている。
 
「きっとあの息子が盗んだに違いない。」と確信していました。
 
それから何日か経って、以前に行ったことがある谷間に行ってみました。
 
すると、そこで失くした斧を見つけたのです。
 
よくよく考えてみると、自分がそこに置き忘れていたのでした。
 
斧を見つけたあとで隣の息子と会って話をしましたが、おかしな様子は全く感じられませんでした。
 
そして、それ以降もおかしな様子は全くありません。
 
結局自分の先入観で、怪しくない者まで怪しく見えていたのです。
 
疑いの心を持って恐れていると、暗闇の中にいもしない鬼を見ることもあるのです。
タイトルとURLをコピーしました