ダンスの後の身体のリラックス方法

スポンサーリンク

ダンスの激しいパフォーマンスを行った後には、身体は、かなり疲れた状態になります。

ダンス後の疲れた体を癒す方法を紹介します。

クールダウン

ダンスの際、ウォーミングアップは、しっかりするけれど、クールダウンは、そんなに気にしていない、というダンサーも多いです。

年齢の若い人は、回復力が高いので、そこまで気になることはないかもしれませんが、プロダンサーやアスリートなどは、全て専属トレーナーが付き添っていて、必ず、クールダウンを行います。

例えば、ウォーミングアップを「10分」とすると、クールダウンには「30分」ほどかけます。

あまり知られていませんが、身体を使う準備よりも、疲れを残さないようにするためのアフターケアの方が、大事だということです。

イベントやダンスの後ならば、ウォーミングアップの時のストレッチと同じようなもので十分です。

ただ、「足」と「背中」あたりは、アップの時よりも、ゆっくりしたペースで行います。

1分間電子レンジにかけた熱湯は、冷める方が時間がかかるのと同じように、身体も、冷ますのに時間がかかります。

身体の痛めている部分は、氷などで、しっかりアイシングしましょう。

最強の味方「お風呂」

身体の疲労、特に筋肉の疲労を取るには、やはり、「入浴」が一番です。

腰を痛めてしまったダンサーがいましたが、その人は、ずっとシャワーだけの生活だったのですが、毎日お風呂に入る習慣に変えてから、腰痛が消えたそうです。

また、あるダンサーは、あまり入浴しなかったのですが、疲れがあまり取れず、ケガをしやすかったです。

入浴すると、それまで疲労でこわばっていた筋肉が、血流が良くなることで緩んで、やわらかくなっていきます。

一番良いのは、39度程度のぬるめのお湯で温まることですが、お湯の中に、重曹などを入れて入浴すると、温浴効果で、さらに身体をほぐしてくれます。

しかし、身体を動かした直後の入浴は、禁物です。

身体が、熱を持った状態で、さらに温めることは、あまり好ましくありません。

ダンスの後には、クールダウンをして、少し時間をおいてからの入浴がベストといえます。

まとめ

長い間、ダンスができる身体を維持することを考えると、やはり、クールダウンは欠かせません。

自分の身体をケアしていくことが、何より大切です。

タイトルとURLをコピーしました