ダンスに関わる睡眠の効果

スポンサーリンク

ダンスと睡眠は、深い関わりがあります。

ダンスと睡眠の関わり

「昨夜は、徹夜して作品創りをやった」「夜じゃないと、インスピレーションが生まれない」

こんなセリフを、よくアーティストの口から聞いたりします。

確かに、夜は静かで、自分の時間も取りやすくなります。

しかし、これは、心身共に悪影響を与えてしまっているのです。

スティーブ・ジョブズなどの「成功者」、身体が資本の「アスリート」、この両者が、共に重要視しているのが「睡眠」です。

人によって、ベストな睡眠時間は様々ですが、短時間睡眠でも、合間に昼寝をするなどの休息をとります。

眠りの質が悪いと、まず影響を受けるのが、「脳」です。

睡眠の質が良くないと、「記憶力」「判断力」「注意力」などの低下を、引き起こしやすくなります。

生産性は悪くなり、ミスも増えるでしょう。

また、心身の疲労により、考え方もネガティブになってしまいます。

心身のコンディションが良くない状態では、肉体的にも精神的にも、ダンスのパフォーマンスは良くなりません。

睡眠で筋肉の修復

アメリカの大学の研究では、アスリートは、平均して10時間もの睡眠時間をとっているのだそうです。

理由は、「筋肉の修復」にあります。

筋肉というのは、トレーニングなどによって、使うたびに、小さな傷が生まれます。

その傷は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、寝ている間に修復されていきます。

そして、修復されるごとに、筋肉が太くなり、強化されていきます。

このため、十分な時間の良質の睡眠が、アスリートにとって、とても重要になるというわけです。

ダンサーにとっても同じことが言えて、いくらトレーニングをしても、きちんとした睡眠がとれていないと、せっかくの努力も水の泡になってしまうというわけです。

ダンサーにとって、睡眠不足は大敵です。

良いダンスパフォーマンスができるよう、まずは、しっかりと睡眠をとることを心がけましょう

まとめ

ダンスもアスリートと同じように、身体を酷使します。

できるだけ、規則正しく十分な睡眠をとり、筋肉を労わってあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました