ダンスにも効果的な「瞑想」

スポンサーリンク

最近は、ダンスに、「瞑想」を取り入れる人たちも、増えているようです。

瞑想の魅力とは、どんなものなのでしょう。

瞑想

「瞑想」は、日本人には、あまり馴染みがないので、誤解されることも多いようです。

瞑想は、野球のイチロー選手を始めとした、たくさんのアスリートや、マドンナを始めとした、多くのアーティストも取り入れられているように、身体と心に良い効果をもたらしてくれます。

瞑想を取り入れてからトレーニングをすると、普通に有酸素運動などをするよりも、効果的だったという人も少なくありません。

例えば、アスリートは、肉体的にも精神的にも、かなりの集中力を必要とします。

自分の精神を統一するとともに、モチベーションの維持にも力を入れておかなければ、望んだ結果が出せないからです。

瞑想は、リラックス効果があるので、肉体の疲れを取り、自分の身体の状態も知ることができます。

身体が資本のアスリートやアーティストにとっては、健康のバランスを整えることが不可欠です。

このことは、ハードなダンスを踊るダンサーにとっても同様です。

ダンスへの瞑想の取り入れ

瞑想では、良い「呼吸」と「姿勢」が不可欠となります。

ストレッチしながらの瞑想でも良いですし、バレエのバーレッスンをしながらの瞑想でも効果的です。

ただし、自分との対話が基本になるので、落ち着ける空間で、一人で自分のペースを保ちながらの瞑想がおススメです。

「呼吸」と「動き」のタイミングを、ぴったり合わせられるという点では、やはり「ヨガ」や「ピラティス」がベストですが、ダンスのウォーミングアップ時でも、十分に瞑想の効果を感じることができます。

いつもよりもゆっくりとした動きと、深い呼吸を意識するだけで、自分の「身体」と「心」に変化が起きるということを、実感できるはずです。

まとめ

瞑想が、記憶力のアップや、ストレス解消などに効果があるということは、研究の結果としても出されています。

ダンスだけではなく、普通の生活にも取り入れていくと、身体や心の変化が実感できると思います。

タイトルとURLをコピーしました