ダンスとヨガへの音楽の効果

スポンサーリンク

ダンスにもヨガにも欠かせない「音楽」。

音楽は、ダンスやヨガに、どのように関わっているのでしょう。

音楽と身体の関係性

ダンスとヨガに共通するのは、やはり、ストレッチです。

特に、ヨガには、「身体と心は深く繋がっている」という理念があるため、リラックスできる音楽が必要となります。

バレエのレッスンの際に、ピアノ音楽を使うのは、ピアノの音色(特に、モーツァルトが良いとされます)が、リラクゼーション効果が高いというのも、理由の一つかもしれません。

ヨガは、インドが発祥地で、東洋医学の要素もあることから、身体と心に良い音楽として、脳波に影響を与える、α波、θ波の音楽が、よく使われます。

マッサ-ジ店やエステなどでも、よく流されていますが、「水の流れる音」「竹楽器の音」「鐘の音」「鳥の声」などは、脳波に良いとされています。

ダンスにとっての音楽

ジャンルにもよりますが、ダンスには、音と共に楽しめるような、少しリズム感のある音楽が良いです。

ダンススクールでは、ストレッチの他にも、アイソレーション(身体の動きをマスターするための練習法)や、コンビネーション(インストラクターの振付けで、生徒が踊るもの)があるので、ある程度は、β波(緊張や警戒心を感じているときの脳波)が出やすい音楽を使用することが多いようです。

強い低音が響く、ヒップホップやポップス、ロック音楽などには、このβ波が出やすいといわれるので、集中して動き、テンションを上げることができます。

しかし、モダンダンスのように、人の感情に訴えかけるようなダンスや、シットリした作品を踊る時には、この限りではありません。

まとめ

ダンス作品を作る時には、メンバーや観客に、どのようなことを訴えたいか、またレッスン時には、身体にどのような変化を与えたいかなどによって、音楽選びも様々になってきます。

音楽の力を、うまく使い分けることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました