ダンスシューズの種類と選び方

スポンサーリンク

ダンスシューズ

ダンスシューズは、基本的に踊るためのシューズなので、雨の日に出歩いたり、泥道を歩いたり、走ったりするのには、適していません。

しかし、「回る」「飛ぶ」「滑らせる」などに対しては、非常に機能的に作られており、
特に、ジャズダンスやクラシック・バレエなどでは、「ダンスシューズ」は、ダンサーの生命ともいえるくらい、重要なものになっています。

軽くて丈夫なのが、ダンスシューズの特徴ですが、毎日踊るプロダンサーでは、一年持てばよい方です。

例えば、バレリーナの履く「トウ・シューズ」は、足の先に硬い芯が入っています。

これは、踊りこむと、数週間で壊れてしまったりすることもあるので、新調したりメンテナンスの必要があったりしますが、何よりも、自分に合ったシューズを選ぶことが大切です。

ダンスシューズの種類

踊るダンスの種類によって、使用するシューズは異なってきます。

ヒップホップでお勧めしたいのは、「バスケットシューズ」です。

最近では、アディダスやナイキが、踊りやすいシューズを発売していたりして、比較的気軽に、手に入れられるようになっています。

専門店でしか取り扱われていないのが、「トウ・シューズ」や、「ジャズダンス」「社交ダンス」用のシューズです。

ジャズダンスは、その特徴も様々ですが、それぞれで、シューズの種類も違います。

最近では、「これはヒップホップなのか、ジャズなのか?」と思うようなジャンルがありますが、そういった時に使うのは、「ジャズスニーカー」です。

劇団四季や宝塚のような「ショーダンス」では、ヒール、ブーツ、ハイカットなどが、多用されています。

昔は、シンプルな「黒」がポピュラーでしたが、今では、実に多種多様な色があります。

ダンスの一つのジャンルだけでも、何種類ものシューズがあります。

ダンスシューズの選び方

いろいろな種類のダンスシューズがありますが、どのようにして、選べば良いのでしょう。

シューズの「素材」と「形」

ダンスシューズは、自分の踊り方、床との相性、コンディションなどによって変わってきます。

「ダンスシューズ」の「素材」は、「天然の革」や「キャンバス地(布)」などがあります。

「革」は、耐久性が良くて柔らかいので、踊るほど馴染んできます。

革のデメリットは、良質なだけに、やはり高価になることです。

「キャンバス地」は、ソフトで肌触りがよく、バレエシューズのように、指先の感覚もしっかりとつかめるので、踊りやすいですが、やはり、布なので「破れやすい」のが、デメリットになります。

ただ、キャンバス地は、比較的値段が安いので、傷んだ際には、買い替えやすいと思います。

「ジャズダンスシューズ」の「ソール(底)」部分の素材は、「革」と「ラバー(ゴム)」製の二種類があります。

「革」は、スウェードの素材でできています。

非常に滑りやすいので、回転するときには良いのですが、使用頻度が高くなると、革が擦れてツルツルになってしまったり、床によっては、踏ん張りがきかないのが欠点です。

「ラバーソール」は、最初は滑りにくいので、不便に感じますが、馴染んでくると、床とも相性が良くなり、ステップの重心の移動もしやすいです。

「ダンスシューズ」の「形」は、「スプリットソール」と「フルソール」に分かれますが、ほとんどのシューズが、「スプリット」(「つま先部分」と「かかと部分」が分かれた形)になっています。

ダンスシューズを使用するのは、チアダンス、サルサ、社交ダンスなどもありますが、
基本的に、足が床から離れた時点で、足をポイント(つま先をのばす)にすることが多く、フルソールでは、満足のいくようにポイントできないことが多いです。

ダンスシューズのスタイル

現在では、様々なジャンル、スタイルのダンスが現れてきていますが、それに、伴いシューズも、多種多様となってきています。

例えば、ジャズダンスシューズでは、ローカット、ハイカット、それにヒールのついたもの、パンプス、ブーツなど、数えるとキリがありません。

また、そのデザイン性も、普通のシューズと変わらず、おしゃれになってきているので、選択肢が広がり、迷ってしまうことも多いです。

デザイン性、値段、品質など、総合して、個人的に良いと思うメーカーは「ミルバ」です。

インポートなのですが、国内のものより安く購入でき、しかも、おしゃれで高品質です。

社交ダンスなど、ヒールを履く場合は、「月の舟」というメーカーが良いと思います。

クッション性が高く、低反発素材が入っているので、激しい動きでも、足が疲れることがありません。

その他、老舗のチャコットやシルビアなど、たくさんのダンス用品のショップがありますが、サイズなど、各ショップによって違うこともあります。

できる限り試着してから購入するのが無難だと思います。

タイトルとURLをコピーしました