人気のダンスの種類

スポンサーリンク

ダンスを始めようと思うけど、どんなダンスが良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

人気の「ダンスの種類」を紹介します。

ストリートダンス

ヒップホップ

「ヒップホップ」は、わかりやすくいうと、「EXILE」のようなスタイルのダンスです。

音楽を楽しみ、リズムにのって、いつでもどこでも、盛り上がることのできるダンスです。

若い世代を中心に、「ダンスを始めるならヒップホップから」と言っても過言ではないくらいです。

ロックダンス

「ロッキング」と呼ばれる「ロックダンス」は、名前の「Lock」からもわかるように、
動きのあるところからの「急激なポーズ(静止)」が、特徴のダンスです。

使用される楽曲は、「オールドスクール」が多いですが、いろいろな場面で使われています。

ポップダンス

「ポッピング」と呼ばれ、「ロボットダンス」の元になっているダンスです。

筋肉の「緊張」と「弛緩」を、上手く使い分け、人間離れしたその動きは、見る人の目をくぎ付けにします。

動きは、ヒップホップよりは小さいですが、曲を選ばずに踊れるダンスです。

ブレイクダンス

「ブレイキング」と呼ばれ、いろいろな技で競う、「ダンスバトル」でも有名なダンスです。

床に背中をつけて回る「ウィンドミル」などは、誰もが一度は見たことのある、ブレイキングの代表的な技です。

重力に逆らう、様々な技のオンパレードは、「凄い!」の一言に尽きます。

ガールズヒップホップ

「ガールズヒップホップ」は、上記のダンスより、比較的新しくできたジャンルといえます。

マドンナ、アギレラ、レディーガガなど、外国でも、たくさんの女性トップアーティストが、そのスタイルを作り上げ、
女性の「セクシーさ」と「カッコよさ」、時には、「かわいらしさ」を、思う存分魅力的に演出するダンスです。

その他の人気のダンス

ジャズダンス

1980年代後半、「フラッシュダンス」などの映画の影響により、日本でもたくさんの人が、
ダンススタジオに駆け込む、という現象が起こりました。

「ジャズダンス」は、クラシックバレエが基礎となっており、様々な舞台やライブでも用いられ、
オーディションには、必須となっているダンスです。

クラシックバレエ

クラシックバレエは、もともとは、ヨーロッパの王様の前で踊るダンスでした。

当時は、足を長く見せるために、トウ・シューズやチュチュなどの衣装を着用したといわれています。

美しくてしなやかな身体と動きは、体幹が鍛えられるので、今では、健康維持のために、クラシックバレエが利用されことも多くなっています。

外国のダンススタジオでは、ヒップホッパーが、バレエのレッスンを受けるのも、珍しいことではありません。

タップダンス

「タップダンス」は、ダンスというよりも、「打楽器」に近い感覚かもしれません。

北野武監督の映画「座頭市」でも、有名になりました。

シューズの裏に「鉄板」がついていて、カチカチと音を立てて、リズムを刻みます。

「リバーダンス」のような、大人数のタップも圧巻ですが、一人で自由にアカペラで踊るのも、乙なものです。

ベリーダンス

「ベリー」とは、「お腹」という意味です。

その名のとおり、ベリーダンスは、お腹を強調する踊りなのですが、女性だけではなく、男性特有の踊り方もあります。

このダンスの中だけでも、静かな踊り、躍動感のある踊り、また、自由で縛られることのない「トライバル」というジャンルも存在します。

エキゾチックで魅惑的な、今人気上昇中のダンスです。

社交ダンス

「Shall We Dance?」は、有名すぎるほど、有名です。

男女がペアになって踊る「社交ダンス」は、日本では、馴染みが薄いですが、
外国では、社交の場で恥ずかしくないように、小さいころから、レッスンを受けるといわれています。

ワルツにタンゴ、ルンバ、サンバ、ジルバ、チャチャチャなど、いろいろなジャンルがあります。

男性は、ひたすらジェントルマン、女性は、ひたすら美しく、そんな気分が味わえるダンスです。

まとめ

「ハワイアンダンス」「アフリカンダンス」など、その他、ここで紹介しきれなかったダンスもたくさんあります。

ダンススタジオは、見学OKのところが多いですが、ダンスは、踊ってみなければ、本当の楽しさはわかりません。

気になったダンスがあったら、ぜひトライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました